wildside.cocolog-nifty.com > 激薄物件リスト

046:ラップの芯

046:ラップの芯

東京都港区

「 私も以前から写真に撮りたくて、2、3度足を運びましたが、28mm程度のレンズでは全体を写し込む事が出来ませんでした。道幅が狭く引けないのです。今回スーパーアンギュロン(21mm)を付けて行き、やっと写す事が出来ました。」

小松さんからの投稿物件。

うわ、細っ!デカッ!
出た、筒型物件第2弾。
筒状の物件もなかなかいいものがある。角の丸い物件はあまり薄さが際立たないので敬遠していたのだが、このように正面から円筒形として撮ると楽しいことを発見した。

普通のプリントした写真をデジタルカメラで撮って投稿していただいた。

2001年4月小松さん撮影